イライラに対処するために奥にある自分の本当の感情に気づこう

多かれ少なかれイライラする経験はみなさんあると思います。
イライラには何か外部の原因があって、人のせいにしたり
物のせいにしたりしてしまうかもしれませんね。

ただ、イライラを作りだしているのは自分だという視点に立つと
見えてくるものがあったりします。

1.怒りを感じ過ぎてしまうとどうなってしまうか

①自分のエネルギーの大量消費

イライラすることは心のエネルギーを大量に消費します。
おそらく四六時中イライラしている対象の事を考えると
疲れて大変なんじゃないでしょうか。

ただ、うまく生きている人の中には、そのエネルギーが生まれたら
そのエネルギーを何かほかのクリエイティブな仕事にぶつけ
上手く解消しているということもあります。

イライラすることは悪いことではないです。

うまく対処するのがなかなか難しいという事です。

②エネルギーが爆発すると他の人を攻撃してしまう

人にあたる人というタイプの方がいると思います。
イライラしやすい人がイライラを解消するために、
そのエネルギーを外へ放出することがあります。

正直、他の人が怒っているようなら、
その人にはなるべく近づかないようにするのが
一番いいと思います。

私は結構地雷を踏みぬいてしまうタイプで
無意識に他人のイライラを爆発させてしまう事があります。
自分でやっていて言うのもなんですが、
大変なのでしっかり逃げるというのは大事です。

③攻撃が自分に向いてしまう場合、うつ状態になる

人にあたるのではなく、自己攻撃をしてしまう場合があります。
どうせ私なんかダメなんだが口癖になるほど
自分を攻撃します。
酷い場合には怒ることすら禁止するという生き方を
している事もあります。

ただ、怒りのエネルギーは内側にこもっているだけでなくなりません。
ずっとエネルギーが空回りしている状態になります。

そのうちエネルギーが無くなってしまって、
・もう何もやりたくない
・何をする気力もない
といううつ状態になってしまいます。

できる限り心の中に溜まっている怒りを
解消していくことが、うつの場合は重要になります。

2.イライラするってどういうことか

①自分がイライラしているという視点に立とう

イライラするとその原因となった人や物事を責めたい気持ちになります。
「あいつのせいで、私はこんな目に遭ってしまった。」
「あんなことがあったから、私はこんなにイライラしてしまう。」

場合によってはその人を直接攻撃してしまったり。
物にあたって壊してしまったり。
後になって冷静に見てみたら後悔している。

なんてことがあったりします。

もしそういうのを少しでも改善したいよと思われましたら、
次のような視点を持って見て下さい。

私がイライラを作りだしている。
私がイライラすることを選択している。

原因の主語を、私に置き換えてみてみるのです。

原因を他者に持っていくと、その人が変わらなければ
イライラを解消することができませんが、
原因を自分であるとすると、自分自身が変われば
イライラも小さくなっていくということができます。

これは、自分自身を責めるという事ではありません。
(原因を攻撃する対象としないでくださいね
原因は悪者ではありません。問題を教えてくれているのです。)
自分自身を楽にするために、何を変えればいいのか
という視点を持ってもらいたいためです。

②イライラは奥にある本当の感情を隠すための感情

イライラは奥に本当の感情を隠しています。

私自身の体験でお話しして見ます。
3人組で仕事をしていました。
私がなんとなく他の2人から距離を置かれているように思っています。

私はその2人に対してイライラしていました。

「どうして私だけ仲間外れにされちゃっているのか」
「もうちょっと私に話を振ってくれてもいいんじゃないの」
みたいな気持ちがありました。

そして相手を悪者にしました。
「仕事もしないでしゃべってばっかりいやがって!」
「静かに仕事するものだろ!」
「仕事ちゃんとやってよ!」

ただ、この気持ちは全部本音ではなかったんです。

私の本音それは、
「みんなと楽しめなくって悲しい」
「輪の中に入り込みたいけど入れなくって寂しい」
というような、寂しいとか悲しいという気持ちだったのです。

怒りとして挙がっている気持ちの下には、
寂しさ、悲しさ、心配、助けてなど
ネガティブな感情が隠されています。

心の叫び声という表現が私は好きです。

この叫び声にどれだけ気づくことができるかがポイントであったりします。

③怒るのと同時に感じる感情

②で書いた本音の感情とは別な感情も同時に生まれます。
それは「怒っちゃってごめんなさい」という罪悪感です。

この罪悪感はあまり意識されずに生まれている事が多いです。

正直、結構うまく隠してしまう事が多いので
気づかないことが多いのですが、
怒ると罪悪感も付いてくると知っていてください。

3.イライラ感への対処の仕方

①怒りのもとを紙に書いていくこと

怒った気持ちをそのままノートに書きためていきましょう。
コツは、気持ち・行動・考えの3つの軸にまとめるといいと思います。

気持ち:とてもイライラした
行動 :仕事中に怒った
考え :○○さんと▲▲さんが仕事中にしゃべっていて
気になってしまった

その上で、ここにある自分の本当の気持ちはなんなのか
見つめなおして見ると、本音の気持ちが分かることがあります。

②その時の気持ちを乗せて声を出して見る

なかなか気持ちが出にくい方にお勧めの方法です。
なるべくリラックスした状態で、「あーーーー」という声をずっと出し続けるというものです。

自分の出したい声を出して見て下さい。
低い声であーーーーといってもいいし、
高い声であーーーーと言ってもいいです。

声には感情が乗りやすいため、
そこから気持ちが解消されることがあります。

③泣く

本当の感情に気づくとあるのですが、
気持ちが緩んで悲しみがどっと噴き出すことが
あったりします。

その時は好きなだけ泣いてみて下さい。

感情は感じれば感じるほど良いといいます。

泣き終わった後の気持ちはすっきりするものです。

まとめ

今回は、イライラをテーマにイライラの仕組みや
どのように対処したらいいか書きました。

大事なのは

イライラの本当の気持ちに気づくこと
本当の気持ちに気づくために書きだすこと
泣くと感情が発散されること

です。

上手くイライラと付き合っていきましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です