生きにくさを許していくことで楽に人生が送れるようになる

生きにくいと感じたことはありますか?

生きにくいと感じるとつらい気持ちになってしまいますが、そこで自分を責めてしまうとさらに生きにくくなってしまいます。

生きやすくするために私が心がけていることなどを今回まとめてみましたので、読んでみてくださいね。

1.今の自分を駄目だと思ってしまう風潮がはびこっている

①日本人にありがちな「自分は駄目だ」という価値観

日本に生まれてきて子供のころから良く感じていた価値観として、「今のままでは自分は駄目で、何か別の自分にならなくてはならない」という考え方がありました。

何でこのように思ってしまうのかは、お国柄としかいえないと思います。


自分よりも他人を優先することを社会的に求める圧力が強く、また他の人と同じで一体であることを求める圧力が強いです。

他の優秀だとされる人ができることができないと、できるように社会的に矯正されていく風土があるからだと思います。

②自分が変わらなければならないという価値観の功罪

一面ではそういった考え方が有用なこともあります。

この考え方を持つことによって、自分には無いものを外から学んで取り込んでいくという行動が促されるからです。

しかし、この考え方にとらわれすぎてしまうと、とても厄介なことがおきてしまいます。

それは自分をいじめ抜くことで自分の自信を全く持てない状況に陥ってしまうことなのです。

あくまでも「できるようになる」ということは社会的な要請でありいわば他人の価値観重視の行動基準です。

そこでは自分の気持ちを押し込めてでも、他者に尽くすことが求められ自己犠牲をしなければなりません。

自己犠牲を過度にしてしまうと、自分の心は置き去りにされてしまいます。

このことがとても大きな問題となって現れてくるのです。

2.自分に駄目出しをすることで起きるマイナス面

駄目出しが板についていた私の経験から、駄目出しによって起きるマイナス面について述べていきたいと思います。

①駄目出しをすることで自分に自信が無くなった

行動するに当たって、ある程度自信が無ければ行動は萎縮してしまいます。

ましてや全く未知の領域のことを行おうとすれば、自信を持つことは必ず必要です。

しかし、駄目だしが板についてしまっていると、行う行動の一つ一つがすべて上手くいかないように思えてしまうのです。

そして結果として、何をするにも行動が遅くなってしまいます。

また、自分の直感というものを信じることができず、感覚的にもどちらかというと鈍くさくなってしまうのです。

結果として、「人生生きにくいなあ」という気持ちが増大し、負のスパイラルにはまってしまうことがあります。

②物事が上手くいったとしても心が満足しない状況

私の場合、昔ダイエットを行ったことがあります。

結構努力した結果として、かなり体重を落とすことができました。

その結果自体は満足がいくものであり、とても良かったのです。


しかし、ある日鏡の前で自分の顔を見たときに思ってしまったことがあります。

「なんか自分やつれてしまったのではないか」ということです。


やせた結果として体重は落ちましたが、その結果としてやつれたように思ってしまい結局「自分は駄目だ」という気持ちを持ったままになってしまいました。


結局、「自分は駄目である」という思い込みを何とかしないと自分の心の満足感は得られなかったのです。

3.今の自分を承認していくことの大切さ

①今の自分を過小評価すると満足感は得られない

「自分は駄目だ」という思い自体をなんとか変えていく努力をしない限り、自分自身の心の安寧や満足感は得られないのです。

仮に自分の望む結果が得られたとしても、その結果自体をさらに過小評価してしまうという負のスパイラルにはまってしまいます。



②ありのままの自分で良いということ

自分を過小評価するという負のスパイラルにはまらないように、ありのままの自分でよいのだという評価をしていくことが大切になっていきます。

「今の自分はダメだ」という考えから抜け出しにくいかも知れません。

そんなときは、「こういう自分も自分らしいな」という想いを持つように心がけてみてください。

病気であろうと、太っていようと、痩せていようと、勉強ができないほうであろうと、そういうあなたがかけがえのない存在であると認めることが必要です。

あなたは少なくともあなた自身の味方であってほしいのです。


自分自身に駄目出しをしていることに気づいたら、ぜひとも「こんな自分も自分らしいなあ」と思ってみてください。

そのように思い始めることで初めて、心の満足感を得られる生き方をする第一歩となると思います。



4.まとめ

・自分に駄目出しをし続けることで自分の自信がなくなってしまう

・ダメ出しが板についていると自分が望んだ変化をしても自分をだめだししてしまう

・駄目出しをやめて、ありのままの自分を「こんな自分も自分らしいな」と認めてあげてほしい


参考になりましたら、ぜひ実践してみてくださいね。

ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です