精神的なつながりを男性が求める理由と女性につい求めてしまうこと

男性のことがよくわからないという女性の方は多いかもしれません。

とても不愛想だったり、黙々と作業するような人だったり、嫌に堅物だったり。
あまり人に好かれそうなことをしないのにどうして平気なのか不思議だと思います。

本記事では、男性が本質的には精神的なつながりを本質的に求めている理由を解説します。

また、男性が女性に求めてしまう精神的な援助についても記載しました。
男性理解の一助になれば幸いです。

1.男性が精神的つながりを求める理由

①男性はどちらかというと孤立しがちである

男性はどちらかというと孤立しがちであるがゆえにつながりを求めたいと思うことが多いです。
全ての男性についてそうであるというわけではなく、一般的な傾向としてです。

家族の中でも、どちらかというと輪に溶け込めていないお父さんが多くいると思います。
男性は、子供のころはそれこそ大切に扱われますが、年を取るにつれて放っておかれるようになります。
大切に扱われる経験が女性に比べると意外と少ないのです。

こういった孤立した状況に対して、ある程度我慢が出来てしまうため、状況を変えようと動くことも少ないのかもしれません。
ただ、例外として社会的に成功した男性は大切に扱われることはあります。

だからこそ、一時的にでも大切に扱ってくれる接客のお店にはまるのだと思います。
孤立した状態を我慢できるからと言って、別に大事に扱われることを嫌がっているわけではありません。
本当はちやほやされたいというのは本音です。

  • 男性は年齢を経るにつれて放っておかれるようになりやすい
  • 男性は女性が思っているほど日常生活で大事に扱ってもらえる経験が少ない
  • ある程度我慢が出来てしまうため、孤立した状況をそのままにしておく人が多い

②男性は精神的に傷つきやすい

男性は精神的に傷つきやすい人が多いように思われます。
威張っている男性を見るとなかなかそうは思えないかもしれません。

しかし、わざわざ威張らなければならないほど、自分では自尊心を充足できないのです。
それがゆえに、少しでも自尊心を傷つけられると、大変に傷ついてしまいます。
威張ったりプライドを高く持とうとしたりするのは、傷つかないための防衛とも言えます。

女性の言動にも人一倍敏感です。
女性に否定されるほど、その女性が好きな人であるほどに、心を左右される面があります。

  • 男性は精神的に傷つきやすい
  • 偉そうにしている男性ほど自分で自尊心を充足できていない
  • 好きな女性の言動は男性の心に大きな影響を及ぼす

③男性はそもそもマザコンである

多かれ少なかれ、男性はマザコンであると言えます。

憎まれ口をたたいたとしても、心のどこかにお母さんを想う気持ちがあるのです。
そしてその気持ちは、お付き合いしている女性にも映し出していきます。
多くの男性は、女性に甘えたい気持ちが多分にあるのです。

社会は厳しく、なかなか心を許せる状態にないことも多いです。
そんな中、心の唯一のよりどころとして、女性を見ます。
社会の中では、自分の欲求を抑圧していなくてはなりません。
その抑圧された気持ちが、女性にに向いてしまうのです。

  • 男性は基本的にマザコンである
  • 男性は女性に対して甘えたいと思う気持ちが強い
  • 社会で抑圧された気持ちが、女性に向いてしまう

2.男性がつい求めてしまう女性からの精神的援助

①自分が気にしていなかった事に対する心遣い

自分が無頓着だったことに心配りをしてもらえることが男性にとってうれしい点です。
特に仕事に夢中になっているような男性にとっては、生活のサポートをしてもらえることは大変ありがたいことなのです。

例えば、男性は毎日髭剃りをしています。
そのために、顔の肌荒れが多少出てきたりすることがあります。

特に無頓着な男性の場合は、多少あれたとしても気にせず放置することがあるのです。
そんなとき、お付き合いしている女性が、「肌が荒れているから」とスキンケアローションをプレゼントしてくれたとします。
男性がいくら無頓着だったとしても、自分で気にしていなかった部分をフォローしてもらうととてもうれしいのです。
自分以外に自分のことを気にかけてくれる女性は男性にとってとてもありがたく感じます。

  • 男性は自分が無頓着だったことに対しての心配りがうれしい
  • 仕事に集中してしまいがちな男性は生活のサポートをしてもらえることがありがたい
  • 男性にとって自分以外に自分のことを気にかけてくれる女性はありがたい

②仕事に対する励ましや応援、ねぎらい

仕事に対して応援をしてくれる女性はとてもありがたいです。

もちろん、男性にも色々とタイプはいます。
仕事に情熱をかけない人もいるでしょうし、主夫の人もいるでしょう。
そういった場合は、別に打ち込んでいるものが多分あるはずです。
それに置き換えて考えてみてください。

仕事に情熱をかけているような場合、仕事を応援してくれるとありがたいです。
今でこそ大黒柱とはなかなか言わないかもですが、それでも経済的に生活を支える役割を多くは担っています。
仕事の頑張り方をなかなか社会では認めてもらいづらいところはあります。

そんな中で、女性から頑張りを認められると救われた気持ちになるのです。
実はその言葉があるからやっていけているという面もあります。
「頑張ってるね。ありがとう」の一言だけでも添えられるとその言葉は男性を救います。

  • 男性は仕事に対して応援をしてくれる女性はありがたい
  • 仕事の頑張りを社会で認めてもらえることはなかなかない
  • 男性は女性から頑張りを認められると救われた気持ちになる

③安心感をどこかで得たい

精神的な安心感を女性から得たいと男性は感じています。

意外だと思われるかもしれませんが、女性の精神状態に男性はとても左右されるのです。
お付き合いしている女性が今日どこか不機嫌そうだったとします。
そうすると男性はその日不安で落ち着いていられないことが多いのです。

どんなに偉そうにふるまっていたとしても、男性はどこか臆病なところがあります。
むしろ、憶病を隠したいからこそ、偉そうにふるまうというところもあります。

臆病であるからこそ、女性の日々の精神状態に心がかなり左右されることが多いのです。

もちろん、人は日々の調子があって、気分の浮き沈みがあって当然です。
だから、女性にずっと良いご機嫌でいてねなんてお願いはできないです。
そのことを分かっていながらも、憶病なのでどうしても女性にご機嫌でいてほしいと男性は思ってしまうものなのです。

  • 男性は女性から安心感を得たいと思っている
  • 男性は臆病であり女性の精神状態に左右されやすい
  • 男性にとって女性がご機嫌でいることは救いである

3.まとめ

  • 男性は孤立しがちなため女性とのつながりを持ちたいと感じる
  • 男性は傷つきやすい性質がある
  • 男性は基本的にマザコンであり、心のよりどころを女性に求める
  • 男性は女性の気遣いにとても感謝するところがある
  • 男性は女性から仕事に対する励ましやねぎらいをうけると嬉しいと感じる
  • 男性は女性との関係で安心感を得たいと思っている

以上、参考になさってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です