期待されたくないのに期待されてしまう心理的な理由と対処法

大きな期待をかけられてプレッシャーを感じてお悩みではありませんか。

本記事では、期待をかけられやすくなってしまう自分の心の状態について解説しています。

さらに、周囲の期待がちょうどよい大きさになるような心理的対処法を記事にしています。

本記事を参考に、自分にとって心地よい生き方を築いていってください。

1.期待されたくないのに期待されてしまう心理的理由

①自分を良く見せたいという気持ちが期待を生む

自分を良く見せたいという気持ちが人からの期待を生む原因になります。

自分を良く見せたいという気持ちがないよという人は、どこかでその気持ちを隠しているのです。

何故なら、仕事でも勉強でも頑張ろうとする姿勢をとっているはずです。

自分を良く見せたいと思っていなければ、頑張る姿勢をとる必要はありません。

頑張らなくていい範囲でほどほどに仕事をしたり、勉強をすると思います。

しかし、できる人であれば、「できるところをほかの人に見せたい(できないと思われたくない)」と思い頑張ります。

できない人であれば、「できないところをほかの人に見せたくない」と思って頑張るのです。

どちらにせよ、等身大の自分以上のことをやろうとする気持ちになるのです。

そして、その頑張る姿勢をほかの周りの人がみて、周りの人がどんどん自分に期待をしていきます。

そして、その期待に応えれば答えるほど、期待のハードルはどんどん上がっていってしまうのです。

②自分を良く見せたいのは自分の中に無価値感があるから

自分を良く見せたいという想いは、自分には価値がないという無価値感があるからです。

無価値感を感じやすい人には、頑張り屋であることが多いという特徴があります。

どこかで、自分の価値を低く見積もっているからこそ、低い価値の自分を隠して良く見せたいのです。

例えば、女性は男性に比べて無価値感を感じやすいと言われています。

それがゆえに、頑張り屋が女性には多いのです。

子育てに仕事に身を犠牲にして頑張るのは愛故にというのもありますが、無価値感も関連しています。

もちろん、全員が無価値感に駆られてというわけではありません。

ただ、頑張っている中で「辛さ」をずっと抱えている状態の場合は、無価値感である可能性は高いと思われます。

一般的に適度に頑張るということはさほど問題がないのですが、無価値感に基づく行動の場合、頑張りすぎることに問題があります。

頑張りすぎれば、大きな成果を手にすることができ、周りからの評価が高まるでしょう。

しかし、いつしかその大きな成果を出すことが当たり前になり、周囲からの期待のハードルが上がっていきます。

本人はいっぱいいっぱいでも、周りが求めてくるレベルが上がるのです。

そのことが、本人をとても苦しめる要因となってしまいます。

③幼年期に過大な期待を背負っていた経験があるから

幼年期に大きな期待を背負って育てられてきたような場合、無意識に期待されるようにふるまってしまうことがあります。

それは、心の奥底で期待されている状態を望んでしまうのです。

子供は親を喜ばせたいとある時期思うようになります。

その時に期待に応えて喜ばせるという行動が習慣のようになってしまうのです。

この親との関係が、学校の先生や職場の上司の関係に投影されるのです。

そのため無意識に学校の先生や上司の期待にこたえたいという気持ちを持ってしまうのです。

2.過大な期待されないようにする心理的な対処法

①あるがままの自分に価値を見出すこと

あるがままの自分に価値を見出すことが対処方法の一つです。

言い換えるなら、「自分自身の価値を無条件で認める」ということです。

自分自身に価値がないと思うからこそ、頑張りすぎてしまう心の状態が生まれるという話でした。

とすると、自分自身の価値を自分で認められれば頑張りすぎてしまうような状況は避けられます。

自分で自分の価値が認められれば、他の人からの承認を求めすぎなくなるからです。

多くの人は、自分自身をそのまま承認することが苦手です。

知らない間に自己批判をしてしまう習慣があります。

そのため、意識的に自分の価値を認めるようにする必要があります。

一番手っ取り早いのは、自分が今日やったことでありがたいことを毎日十個見つけることです。

自分にありがとうと言えることを10個ノートに書きましょう。

本当に軽いことでいいのです。

人にちゃんと挨拶できたとか、自粛要請に従って家にこもっていられたとかでいいです。

書き出すときに「よくできたね。ありがとう」と思ってみてください。

この意識的書き出しを続けていくと、自分を認める習慣がつきます。

無意識に自分をほめている状況になるまで続けるといいと思います。

②頑張ろうとせず自分のペースを守るように努めること

人から要請されたとしても、頑張ろうとは思わずに自分のペースを守るようにしましょう。

頑張ることは、自分を消耗させてしまうからです。

頑張ることで、頑張った結果が、あなたの通常出せる成果だと周りは認識します。

そうすると、その頑張った結果を出し続けることを周囲に求められてしまうのです。

だからこそ、頑張って成果を出すより、自分のペースを守って成果を出すことが必要です。

もちろん、頑張って成果を出すと、人から目をかけられやすくなり、出世につながることはあるでしょう。

しかし、自分のキャパシティを超えたことをずっと出し続けることが辛いなら、あきらめた方が良いのです。

自分の中で、身を削りながら出世の道を歩むのか、自分のペースで働くのか決めてみてください。

決めた方向に従って、周りの期待も大きくなったり小さくなったりします。

③ダメな自分をほかの人に見せていく自信を持つこと

ダメな自分をなるべく周囲に見せていく自信を持ちましょう。

ダメなところも含めて、実はそれはあなたの魅力なのです。

ダメなところというのは、それはあなたがつけている評価であって、他の人から見ると実はそれは長所でもあるのです。

自分のことがどんくさいともし思っているならば、それはあなたが穏やかな人であるという魅力を持っています。

話をまくしたててしまうと思っているならば、それはあなたが賑やかな人であるという魅力なのです。

ダメだと思っているところは確かに、仕事を遂行する上では、不利な特性であるかもしれません。

しかし、それをあなた自身が受け入れて周りの人に素直に見せることができたなら、その特性を周囲も受け入れてくれると思います。

もし、受け入れてくれずに。周囲からダメ出しをされるようであれば、その職場はよくない職場なのでやめてしまった方が賢明です。

あなたらしさを受け入れてもらえたとするなら、あなたに無理のない範囲で、人はあなたに期待するでしょう。

過大な期待ではなく、応えられる大きさのちょうどよい期待をしてくれます。

3.まとめ

・自分を良く見せたい思いが、周囲の期待を生む結果になる

・自分に価値がないと思っているからこそ、自分を良く見せたいと思ってしまう

・幼年期に大きな期待を背負った経験が、大人になってからも続いている

・自分のありのままを受け入れることができると過度な期待がされなくなっていく

・頑張ろうとせずに自分のペースを守ることが着実な評価を得る上で必要

・ダメな自分を受け入れていくと、周囲も自分の存在を認めてくれるようになる

以上、参考になさってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です