無価値感は愛されない私という思い込みを作りだしているもの

自分に価値がないと感じ、ゆえに愛されないと思う事があると思います。
自分に価値がないと思う事で、色々な恩恵が受け取れなくなってしまうのです。
そんな怖れの感情である無価値観について今回見ていきたいと思います。

1.無価値観とは何か

①誰かと比べる事によって自分はダメなんじゃないかと思うこと

人は生まれた直後は赤ちゃんです。

その赤ちゃんの時に、「私には価値がないから、ミルクを飲ませてもらうのは申し訳ない」と感じる事はあり得ないですよね。

もともとは、自分は愛の存在で愛される価値があるという所から人は出発していきます。

しかし、赤ちゃんの状態から少しずつ自我が芽生え始めると、周りの人と自分とを区別するようになってくる
のです。

赤ちゃんとお母さんは最初一体になっていますが、初めての他人であるお父さんを認識することで、自分と他人の区別が出てきます。

そして、一体であったお母さんと自分が違うものである事を認識していきます。

その際に、「お父さんは大きいのに自分は小さくて無力である」とか「他の人はできるのに自分は立って歩くことができない」などのように他の人と区別して自分ができない事を認識する
ようになります。

自分より優れている人と自分を比べて、「自分はダメなんだ」と思う事が無価値感の始まりになります。

②しつけや周囲の状況で無価値観が深まる

そしてさらに成長すると、生きていくためのしつけが始まります。

ご飯を食べなさい、立って歩きなさいetcetc

このしつけの段階で、しつけの厳しさや、本人の受け取り方によって「こんなに出来ない自分はダメなんだ」とか「親から愛されない」などといった勘違いが起こります。

家族が幸せそうじゃない時も、「自分のせいで不幸になった」という勘違いも起こります。

ただ、人によってこの無価値観を感じる強弱はあります。

③性別によって起こりやすい無価値観

一般的に性別によっても無価値観の感じやすさは変わってきます。

無価値観を感じやすいのは、女性と言われています。

反対に男性は罪悪感を感じやすいのです。

なぜ女性が無価値観を感じやすいのかと言えば、女性には男性が持っている男性器がついていない事に由来しています。

あるべき男性器がないという事は、女性にとってのコンプレックスで、なにか自分が欠けているという感覚を持ちやすいです。

この女性のコンプレックスは、男性は分かりにくいと思いますが、非常に強く感じているため、このことによるトラブルは非常に多いです。

一般的に女性が傷つきやすいのは、この無価値感が原因の事が多いです。

④無価値観が強いと起こる事

無価値観が強いとどうなってしまうかというと、人がしてくれた事を喜んで受け取りにくくなってしまいます。

例えば貢ぐ人は、無価値観が非常に強い事が多いです。

一生懸命、人に尽くしたりするのですが、その奥底では「これくらい自分がしないと見捨てられる」のような思い込みがあります。

たとえそれで相手が心の底から嬉しがってくれていても、「どうせそんな嬉しくないんでしょ」という想いにとらわれたりします。

価値がないという事にとらわれていると、価値ある事をしても、その価値が認められなくなってしまうのです。

その結果として、何かお返しをしてもらっても、「どうせ義理なんでしょ。」としか思えなくなってしまいます。

人生の喜びというのがほぼ半減してしまい、人生を楽しめないのです。

以下の記事に、無価値感が強いと起こりやすいことをまとめました。
よろしければご覧くださいね。

愛される価値ある私になるための心理学的な秘訣を考えてみる

2.無価値観を癒していくためのアプローチ

自分のやっている事を書きだして見る

いままでやってきた誇れる事を書き出してみましょう。

20個くらい書きだせると良いと思います。

ちょっとした事をやったというのでも良いです。

辛かったのに朝おはようと言えたとか、人にありがとうって言えたとか、そういう感じの事で構いません。

全く書くことができないというのもありですが、私から一つあるとすると、この記事を読んでくれて僕は嬉しく思っています。

この記事を読んでくれたことは、一つ書いてくれてもいいと思います。

その中でこのやってきた20個の事は、他の人から「ありがとう」と思われているのです。

一つ一つやってあげた人の顔を思い出して、「ありがとう」といわれているんだというのをイメージして見て下さいね。

3.まとめ

・無価値観とは自分に価値がないという思い込みの事

・無価値観の感じる起源は、幼少期の親子関係や個人の性質が原因

・一般的に女性のほうが無価値観を感じやすい

・実は何もしてなくてもあなたが居てくれるだけでありがとうと思っている人は多い
その事を実感して思えるようになるというのが無価値観を癒すこと

以上、無価値観についてまとめました。
よろしかったら参考になさってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です